スマホページを見る
HOME > 教育訓練給付制度

教育訓練給付制度

教育訓練給付制度とは?

雇用保険の一般被保険者又は一般被保険者であった者が、厚生労働大臣の指定した教育訓練を受けた場合に、その受講の為に支払った費用の一部に相当する額(20%)を教育訓練給付金として支給されるものであり、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とした制度です。

 

給付の条件

その1 受給対象者であること

 

●雇用保険の一般被保険者(在職中の方)

受講を希望する教育訓練講座の受講開始日において、雇用保険の一般被保険者である期間が通算3年以上ある方。

 

●雇用保険の一般被保険者であった方(離職されている方)

受講を希望する教育訓練講座の受講開始日において雇用保険の一般被保険者でない方で、一般被保険者資格を喪失した日以降、教育訓練講座の受講開始日までが1年以内であり、かつ雇用保険の一般被保険者期間が通算で3年以上ある方。

 

●当分の間、今までに給付金制度を利用したことのない方に限り、雇用保険の加入期間が満1年以上であれば、給付金をご利用になれます。まずは雇用保険の加入期間をご確認ください。

 

(注)一般被保険者の方は、65歳の誕生日の前日に一般被保険者でなくなり、高年齢継続被保険者として資格が切り替ることにご留意ください。このため、受講開始日が66歳の誕生日の前日以降にある場合は支給対象になりません(適用対象期間の延長が行われた場合を除く)。

*支給要件に該当しているか否かの照会はハローワークへお問い合わせ下さい。

 

その2 指定講座であること

 

当校の指定講座対象コースは以下の3コースとなります。

教育訓練講座の名称 所持免許 給付金
対象額
給付金
支給予定額
中型自動車
指定番号:151051720033
準中型5t限定(MT) 165,780円 33,156円
*154,980円 *30,996円
中型自動車8t限定解除
指定番号:151051720020
中型8t限定(MT) 79,380円 15,876円
*68,580円 *13,716円
大型特殊自動車
指定番号:151051720018
普通 72,900円 14,580円
*62,100円 *12,420円

※教習料金には教習課程を最短で修了するために必要な料金が全て含まれております。
※給付金支給予定額は条件によって変動する場合がありますので、予めご了承ください。
※補習料金、検定料金は給付の対象となりません。
※料金表の*金額は4月~7月又は9月~1月までの入校が対象となります。

 

その3 カリキュラムを修了し、ハローワークで手続きをする

 

教育訓練修了後、1ヶ月以内にあなたの住所を管轄するハローワークに必要書類を提出し、申請してください。

 

受給までのステップ

◆ステップ1 まずは、当校「見附自動車学校」へ

まずは、見附自動車学校の窓口にいらしていただき、
「教育訓練給付指定講座の受講」の希望をお申込み下さい。

◆ステップ2 受給資格の不明な方は確認(回答書交付)

下記の手続き書類(4点)を、ご本人の住所地を管轄するハローワークに提出してください。

①必要事項を記入(指定講座明示書参照)した「教育訓練給付金支給要件照会票」
②本人の確認できる書類(運転免許証の写し、国民健康保険被保険者証、雇用保険受給資格者証、住民票の写しなど)
③印鑑
④雇用保険被保険者証
要件を満たしていれば、「教育訓練給付金要件回答書」が発行されます。
※回答書からご自身が受給資格の有無がわかります。

◆ステップ3 受講料の全額支払い

支給要件に該当された方は当校に入校申込みの上(ステップ①で既に入校申込みされている方を除く)、受講料の全額を卒業検定までに当校へお支払下さい。
給付制度は、指定のカリキュラムを修了した後に支払われるもので、受講申込み時には自分で受講料を準備しなければなりません。

(入校申込みに持参していただくもの)
①運転免許証(中型自動車を受講する方で、IC免許保持の方は本籍確認の為、免許更新時に渡される本籍確認用の小票又は、本籍の記載された住民票をご提示ください)
②教習料金の一部として(入校金、教本代、適性診断料、写真代)をお持ちください。
 中型:47,440円  中型8t限定解除:31,240円  大特:25,840円

◆ステップ4 教育訓練修了後、証明書・領収書の発行

教育訓練修了後、当校より「教育訓練修了証明書」及び「領収書」を発行いたします。

この時点で、教育訓練給付指定講座修了者アンケート(全項目)を回答していただきます。

◆ステップ5 給付金の支払申請

ハローワークへ必要書類(下記6点)を全て提出し、申請して下さい。

①教育訓練給付金支給申請書
②教育訓練修了証明書
③領収書
④本人・住所確認書類
⑤雇用保険被保険者証
⑥払渡希望金融機関の通帳
 「払渡希望金融機関指定届(教育訓練給付金支給申請書に記載欄があります。)」に払渡希望金融機関の確認印を受けていただく必要がありますが、金融機関の確認を受けずに支給申請書と同時に申請者本人の名義の通帳を提示していただいても差し支えありません。なお、雇用保険の基本手当受給資格者等であって既に「払渡希望金融機関指定届」を届けている方は、届の必要はありません。


※教育訓練修了後、(受講修了日の翌日から)1ケ月以内にあなたの住所地を管轄するハローワークに必要書類を提出し、申請して下さい。1日でも遅れると、給付が受けられなくなりますので注意して下さい。

このページのトップへ
  • 無料送迎バス 広範囲エリアに対応
  • 教習車種
  • 普通車
  • 普通二輪車
  • 中型
  • 大型特殊
  • 入校の流れ
  • 高校生、大学生に大人気 春&夏休みスピードプラン
  • 教育訓練給付制度